天下三作の1つ 藤四郎

刀鍛冶の本場である京都の粟田口(あわたぐち)。
そこで腕を磨いたあまたの名工の中でも、とりわけ名声を集めたのが粟田口吉光であ り、通称 藤四郎と呼ばれました。
品格高く安定した作風に定評があり、短刀作りの名手として多くの短刀を残しています。

一方で、太刀は生涯ただ一振りしか作っていないのですが、それが名刀として名高い一期一振(いちごひとふり)です。
藤四郎は正宗、江(郷)義弘と共に天下三作と謳われましたが、その中でも評価は高く、『享保名物帳』の筆頭から十六番目までを藤四郎の作品が飾っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です