典厩物割国宗(てんきゅうわりくにむね)

この日本刀は、川中島の戦いで武田信玄の実弟であり武田の副将・典厩信繁を討つ 、上杉謙信の日本刀だったが、のちに、常陸国(茨城県)の戦国大名で、  謙信と共に小田城の戦いで小田氏治を破った佐竹義重の手に渡る。 義重と親交のあった謙信は、義重が初陣で武功を立てたことに大変喜ぴ、 「これからも、わが助けとなってほしい。これは老後の杖代わりにするつもりでいたものだが、わが魂と思い、ぜひ受け取ってもらいたい」と、一撮りの日本刀を与えた。これが、備前国(岡山県南東部)の万匠・三郎国宗 作・典厩割国宗だった。義重は大いに喜び、佐竹家の宝として大切にした。 その後、佐竹家では代が替わり、典厩割国宗は当主となった長男・義宣に渡った。 しばらくたったある日のこと、義宣の脇差に目をとめた義重は、 「見慣れぬ脇差。それはどうしたのだ」 とたずねた。義宣は、 「これは、父上にいただいた典厩割国宗ですよ。長すぎて使いにくいので、磨り上 げて脇差にしました」 何食わぬ顔で答えた。見れば、なんと鋒が切られている。 「磨り上げる」とは、自分の身長に合わせるため、また、太刀を刀や脇差に変える ために短くすることをいうが、このときに、鋒を切るのは絶対のタブーである。これは、日本刀にとっては致命的で ある。 義重は、日本刀の魂が失われてしまったと、たいそう悲しんだといわれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です