ソハヤノツルギ

静岡県静岡市の久能山(くのうさん)東照宮に、奇妙な名前の一振りの太刀が保管されている。その名も「ソハヤノツルキウツスナリ」。筑後(ちくご)国(福岡県南西部)の刀匠・三池光世(みいけみつよ)の作と いわれているが、銘に刀匠の名前はない。古来、ソハヤノツルギは謎の剣といわれている。茎(なかご)の表には「妙純俸持(みょうじゅんでんじ)ソハヤノツルキ」、裏には「ウツスナリ」と入っているが、それらの意味するところが解明さ れていないのだ。

  • 坂上田村麻呂(さかのうえたむらまろ)の佩刀である「楚葉矢の剣(坂上宝)」の写しであるという説。
  • 美濃国(岐阜県南部)の守護代・斎藤利国(さいとうとしくに)の法名が妙純だったことから、その持ち主であったという説。
  • 名古屋の熱田神宮にある「ソハエの剣」と関係があるという説。
  • もともと「ソハカ(ソワカ)だったものを「ソハヤ」とうつし間違えたという説。(ソワカとは、密教で呪文の最後に唱える言葉で、「幸あれ」「祝福あれ」といった 意味)。

──など、さまざまな説がある。 いずれにしても、所持者であった徳川家康が、このソハヤノツルキを特別な太刀であると見ていたのは確かである。家康は、死の直前に、 「ソハヤノツルキは久能山東照宮に奉納し、西国に鋒(きっさき)を向けておくように」と言い残している。これは、大坂の豊臣秀頼(とよとみひでより)方の残党武将を封じるためのまじないのようなものであり、それだけ霊験あらたかな名刀だったということだと考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です