蛇丸

室町時代初期のこと、豊後国(大分県)に吉弘某という人物がいた。京都で太刀を川に落としてしまった。がっくりと肩を落として九州に戻ったところ、村は「博多の海辺に光る蛇が現れる」という噂でもちきりだった。本当に蛇なのか。近づいてみると川に落とした自分の太刀であった。あきらめていたところに思いがけない再会。男は愛刀を「蛇丸」と名付け、吉弘家の家宝とした。

数百年後、吉弘家の家督となった統幸は旅に出ていた。途中一夜を過ごす時、得体のしれないものに抱え込まれ、身動きが取れなくなった。すると腰に下げていた蛇丸がひとりでに鞘から抜け出て統幸を襲う何かを斬り倒したのである。翌朝そこには巨大な蜘蛛の死骸があった。以後、蛇丸は「蜘蛛切」と呼ばれることとなる。

その後、蜘蛛切は長男政宣に伝わり、主君の筑後柳川藩藩主である立花忠茂に献上された。ところが蜘蛛切がやってきてからは、立花家には不気味な出来事が起こるようになった。毎晩続き、家中の者がおびえるため、忠茂は「この太刀は、吉弘家に戻りたいようだ」と言って、政宣に蜘蛛切を返した。以来、立花家の異変はぱたりとやんだ。そして蜘蛛切は、再び吉弘家の家宝として大切に伝えられたという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です