日本刀の地肌を鑑賞する

地肌とは、折り返し鍛錬を行うことによってできる「地(焼き入れされていない部分)の模様のこと。

材料となる鋼をどの様に折り返して鍛えるかによって模様が困ることから、作られた時代や地域を知る手掛かりの一つになる。

「板目肌(いためはだ)」・木の板の模様に似た地肌で、最も多くの刀に見られる。板目肌の中でも模様の大きいものは、「大板目」、小さいものは「小板目」と呼ばれる。

「杢目肌(もくめはだ)」・板目肌の一つだが、丸い年輪の様な模様が顕著。五箇伝の中の備伝によく見られ、模様の大小によって、「大杢目」「小杢目」と呼ばれる。

「柾目肌(まさめはだ)」・木を縦に切ったときの模様(柾目)に似た地肌で、大和伝によく見られる。

「綾杉肌(あやすぎはだ)」・柾目肌が大きく波打ったような模様。五箇伝ではないが、奥州月山を拠点とし、鎌倉から室町にかけて活躍した刀匠集団「月山一派」によく見られる。

「梨子(なしじはだ)」・小板目、小杢目がさらにきめ細かく、蒔絵の梨子地に似た地肌。山城伝によく見られる。

「板目に柾目(まさめ)まじり」・板目肌に柾目肌が混ざった模様。大和伝によく見られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です