小烏丸・・平家の刀

先端から刀身半ばが両刃という造りであり、同様の短刀を「小烏造」と呼ぶのはこれに由来する平家の家宝として伝わり、刀工の祖とも言われた天国作とも伝えられている。名前の由来については諸説あるが、桓武天皇が平安京の南殿に昇ったとき、三本足の巨大なカラス、ヤタ烏が刀を運んできたことから名付けられたという説が有名である。後承平・天慶の乱のとき、朱雀天皇は平貞盛にこの刀を下賜した。以来平家に相伝されたが壇ノ浦の戦い時知盛と共に水に沈んだと思われていた。しかし江戸時代に有職故実を司る伊勢家にある事が判明した。そして明治維新後旧対馬領主の宗家がこれを買い取り修繕し時の天皇に献上した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です