日本刀の出現

日本刀の出現は剣などの直刀からはじめの目的は主として神仏用の祭容であった。その後装飾月のものが作られるが、刀工としての天園、天 座はあくまでも伝説上の人物である。坂上田村麻呂の蝦爽討伐や、平将門の乱、藤原純友の乱などでは戦闘様式 が徒定戦から騎馬戦に移りつつあり、 馬から斬り下すのに合理的な湾万が出現してくる。また、鋭利性を強めるために鍛造りが本格化する。刀の姿も、奈良時代の直万の原始的 な直線美から、より文化的な曲線美となっていく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です