媒介契約の期間と更新

今の不動産業界の仕組みや不動産屋の報酬形態と本音から、信頼する1社に専任媒介契約で売却を依頼したほうがいいです。しかし、ひとつ気になることが残っています。それは、お願いした不動産屋が、思った通りの「お客様を大切にする不動産屋」ではなかったらどうしよう、という不安です。専任で1社にだけ依頼しているのに動きが悪い、媒介契約を締結する前と後では態度が違う。こういった事態になったらどうしようかと思うのです。そこで、その不安を吹き飛ばす「不動産屋とのかしこい媒介契約の仕方」についてお話しします。それにはまず、媒介契約の「契約の期間」と「契約の更新」について知る必要があります。

媒介契約の期間

媒介契約の期間は、3か月を超えない範囲で任意に設定することができます。通常、不動産屋と媒介契約を結ぶ場合、この期間の最大である3か月間で契約を締結することがほとんどです。

媒介契約の更新

媒介契約の更新は「依頼者から書面にて申し出る必要」があります。

媒介契約を不動産屋と締結したものの、思った以上に市場が悪く、契約期間の満了日が近づいてきたという場合、引き続き同じ不動産屋に依頼してマンションを売っていくのであれば、媒介契約を更新しなければいけません。

ただし、媒介契約を更新するときは、依頼を受けている不動産屋から依頼者である売主へ「契約期聞が満了しますが、同じ条件で更新してもいいですか?」といわれて、依頼者である売主さんが「いいよ」と答えても有効な更新とみなされません。厳密には、依頼者である売主さんが、不動産屋に書面で更新する旨を伝え、そして不動産屋がその内容に了承して、はじめて有効な媒介契約の更新となります。

この「期間」と「更新」をうまく使って、安心の媒介契約を不動産屋と締結するのです。その方法とは「初回の媒介契約の期間を1か月とする」ということです。媒介契約の期間は3か月を超えない長さにする必要があります。ですから、それ以下の期間であれば、極端な話「期間1週間の媒介契約」を締結することも可能です。また、更新には売主すなわち媒介契約の依頼者であるあなたからの「書面による更新の意思」が必要であり、不動産屋が勝手に更新できなくなっているのです。

よって、まず初回の媒介契約は1か月として、不動産屋の動きを見てみればいいので1か月以下の期間も設定できますが、あまりに短いと不動産屋も動きょうがありません。