鎌倉時代の刀の発展

鎌倉時代の日本刀は度重なる戦と刀工の努力によって、日本刀はさらなる発展を遂げました。鎌倉幕府は各地から名工を招致し、名工正宗によって相州伝と呼ばれる流派が確立しました。刀身はより長くなり、反りも腰反りから中反りへと変化しました。征夷大将軍の坂上田村麻呂も有していた「黒漆太刀」は、戦闘用の刀装の基本形として、柄を鮫皮やなめし革で包み、その上から革紐や黒糸で堅く巻き締め、厚く黒漆を塗るつくりになっています。

武家が政治的な力を持つにつれて、武士の中でも身分の差が生まれました。高い位の武士は豪華な装飾のある太刀を身に着けて威厳を示しました。兵庫鎖太刀は貴重性の高いことから、奉納用に使われるようになり、儀礼用の刀として製作されるようになりました。なお、厳島神社には兵庫鎖太刀が六口現存しています。それぞれに鎌倉幕府から、「天下泰平」「国土豊稔」「息災延命」などを願う寄進状が添えられていました。全国各地には当時奉納された太刀が保存されています。

TOKENinTOKYO~日本刀の鑑賞サイト~のTOPへ戻る