日本刀の製法

日本刀は現在は鉄鉱石から精錬し、つくられますが、以前は砂鉄を集めて銅に鍛えていました。砂鉄を集めて玉鋼をさらに高熱で熱し、叩き続けます。1本の刀を鍛えるには20表の炭が必要だと言われています。そのため、刀をつくることは、大変な時間がかかる作業なのです。

日本刀をつくるための刀は1種類の銅だけでは刀ができません。中心には新鉄と呼ばれる弾力のある銅を使用し、それを皮鉄と言われる頑丈な銅で包み込みます。また、特に硬い銅を加えて刃の部分は焼きを入れます。

このように複数の工程を経てつくる技術は大変難しく、高度な技術を持つ職人の業とされました。

日本刀の歴史はふるく、縄文時代にさかのぼります。なお、鎌倉時代などの古刀は単一の銅でつくっていますが、銅自体が性質の異なる銅を混合して強度と斬れ味を持たせるなどの工夫がされました。江戸時代においては良い鉄が手に入らなくなっていたと言われており、古い寺などに使われていた釘などの古い鉄を再利用する刀工が多かったと言われています。

TOKENinTOKYO~日本刀の鑑賞サイト~のTOPへ戻る