日本刀の形状の変化

平安時代の前期から中期にかけて、まだ主流は直刀でしたが、平安時代の初期につくられた小鳥丸という刀には反りが確認されています。

平安前期、征夷大将軍である坂上田村麻呂が蝦夷征伐へ向かったとき、蝦夷郡が平安前期に柄が湾曲し騎乗でも使いやすい「蕨手刀」を使用し、田村麻呂は苦戦を強いられたと言われています。

平安時代の末期、武家の勢力が増して来ると、職人たちが刀づくりに適した土地に集まってきました。良質な砂鉄がとれる伯耆の国、政治文化の中心地の山城、大和などです。優秀な職人達が切磋琢磨することによって、日本の日本刀づくりの勢力はますます発展していくことになりました。

なお、征夷大将軍である坂野上田村麻呂は「黒漆太刀(くろうるしのたち)」と呼ばれる堅牢で強固、豪壮な武人にふさわしい佩刀を友していました。田村麻呂の死後、黒漆大刀は天皇家に所蔵されました。現在は重要文化財に指定され、京都の鞍馬寺が所蔵しています。

TOKENinTOKYO~日本刀の鑑賞サイト~のTOPへ戻る