安土桃山時代から江戸時代へ

戦国時代に刀の使い方が変化します。室内での戦闘も考慮して大小2本の刀を使用するようになりました。戦闘方法も、下克上の時代背景にふさわしく完全な実利実力本位であったために、前代の騎馬同士の個人戦闘は衰退しました。代わりに誕生したのが、集団戦闘です。それまで主流であった長くて思い大太刀は動きにくく疲れやすいために使われなくなってきました。一方で、太刀は短いものが主流となって来たのでした。その姿は打刀と同じくするようになります。

戦国時代は数えきれないほど戦がおこったために刀の需要も爆発的に増えました。大規模なたたら製鉄が行われるようになりました。備前と美濃が中心となって「数物」と読まれる実用本位の刀が粗製乱造されて各地に供給されました。一方で、武将、大名は自分の刀を刀匠たちに特注しました。これは注文打ちと呼ばれており、いずれも、名刀揃いとなっています。

なお、現存する打刀で最古のものは春日大社に伝わる「菱作打刀」というものです。南北朝時代のものと言われています。