南北朝時代から室町時代

鎌倉時代末期の蒙古襲来の際、集団戦を仕掛けて来る蒙古軍との合戦はそれまでの戦の形式が通用せず、非常に苦戦しました。日本刀はそれまで焼き幅の広いものが好まれたが、これは乱戦時に何度も太刀を合わせると折れやすくなるという弱点もありました。そのため、蒙古襲来以降、それまでの焼幅の広い作風から、直刃で焼幅の狭い作風へと変化したと言われています。

革包太刀は黒漆太刀を基本に、その上に漆を塗って革紐や組紐で巻き締めた非常に丈夫なものとなっています。革包太刀は鎌倉時代末期より実に250年にわたって実践で主要な太刀として使用されることになったのです。

南北朝時代に入って、幕府耐性の崩壊から各地で動乱が起こりました。刀の需要は更に高まりました。長大で身幅の広い刀では、当然その重量もかなりのものになります。これは日本刀の美しさにも深みを与えることになりました。また、徒武者が増えた事により、それまで使用されていた刀に加えて様々な長柄武器が使用されました。中巻野太刀は後に長巻と称され、戦国時代にも活躍したことがわかっています。

TOKENinTOKYO~日本刀の鑑賞サイト~のTOPへ戻る