刀身の形状と分類

日本刀を理解しておくには、刀身の形状分類を理解することも大切です。

刃文…焼刃の形状のことで、大別して直刃と乱刃に分かれます。時代や刀工の特長を反映しています。直線的な刃文で焼幅が狭いものです。更に焼幅を狭くすると糸直刃と呼ばれています。

乱刃•••直線的な直刃に対して刃文が波立っているいるののものの総称です。

丁字•••乱刃の一種です。丁子の実を並べたような形状で、「逆丁子」や「袋丁子」など様々なバリエーションがあります。

棟焼…棟にも焼きが施されているものを言います。

帽子…峰部分の刃文のことで、鋒は刀を操る上で重要な部位です。研磨や鋳造でも技術のいる重要な部位です。

乱込帽子…横手筋から上が乱れているもので、帽子の下が直刃から乱刃にもかかわらず、鋒の状態で呼びます。

掃掛け帽子…焼き刃に添って、筋が棟先に流れる物です。

弛み帽子…横手筋から先端に向かって中程が浅く緩んでいるものです。

TOKENinTOKYO~日本刀の鑑賞サイト~のTOPへ戻る