ようこそ!TOKENinTOKYOのWEBサイトへ

ようこそ!TOKENinTOKYOのWEBサイトへおいでくださいました。

日本刀私は、このサイトの運営者の富田と申します。日本刀をこよなく愛している日本刀愛好家です。

日本刀はあるときは戦いの道具として、ある時は身分の象徴として、時代とともにその形を変えていきました。現代では、鑑賞する装飾性の高い工芸品となりました。日本刀に興味を持ち始めると必然的にその日本刀の歴史や背景を勉強して歴史や文化に詳しくなります。また日本刀の残した伝説やその日本刀を使った有名な歴史上の人物に思いをはせるとき何とも言えない気持ちになります。いにしえの武将や剣豪たちが生きた時代を身近に感じさせてくれるのが日本刀ではないでしょうか。日本刀を愛好する醍醐味はこういった歴史的ロマンを感じられるところにもあります。それでは、日本刀に関することをみていきましょう!

日本刀の斬れ味

日本刀日本刀の品質を左右するうえで最も重要なのは、日本刀の命とも言える斬れ味です。かつては、武士にとって日本刀は武器でもあった訳ですが、武士はその斬れ味に神経を使っていました。江戸時代には、死刑囚の死体を使って刀剣の試し切りをする役もいました。試し斬りによって証明された、斬れ味のすぐれた日本刀は「業物」と呼ばれます。業物にも段階があり、順位付けをした上で評価がなされています。日本刀の評価は、優れているものから順番に「最上大業物」「大業物」「良業物」と順位がつけられます。また、日本刀はその斬れ味に由来して、様々な異名を持つものが多く存在しています。

日本刀の名前は、どのような特徴があったのか、持ち主が誰であったか、どのような人物を斬ったかなど、実話や伝説に由来してニックネームが付けられているものが多いです。たとえば、能楽の観世家により、徳川家康に献上された国宝「観世正宗」や石田三成が所持し、深い切り込み痕がある「石田切込正宗」と呼ばれる日本刀などがあります。これは、重要文化財にも指定されています。

日本刀の愛好家として鑑賞するだけでなく実際に試し斬りをしてその斬れ味を確かめたい方も多いかと思います。ためし切りは何で行えばいいかというと、先ず、古い畳表を一枚用意してこれを二つに折ります、そして折り重ねた方を中心にしてまきます。この時かなりきつく巻きましょう。また中心に空洞を作らないようにして巻くことです。空洞があると固定する台に突き刺す時うまく刺すことができません。巻き上がったら太い輪ゴムで四箇所くらい止めます。そして一昼夜水に漬けておきます。そして斬る少し前に取り出して、竹棒の台に突き刺し準備完了です。水につけないと乾いたままの畳表ではうまく斬れない場合があります。

斬り方は、ふつうは上から斜め下に袈裟に斬り下げます。上手な方は水平に左右から連続で斬ったり、下から斜め上に斬り上げ、跳ね上がった畳み片を更に空中で斬るなど戦国武将波に日本刀を使いこなす方もいます。

試し斬り用の刀

日本刀試し斬り

試し斬り用の刀は、なるべく安いものがいいです。なぜかというと曲がったりかけたりする場合もあるからです。軍刀は試し斬りに割とよく使われます。軍刀は軍の規格で作られた刀ですから斬ることに関しては悪くありません。また洋鉄で鍛えた羽山円心の刀や、興亜一心刀なども好まれます。
また切れ味を左右するのが刀の刃ですが、刃肉がついた蛤刃では切れ味が悪いと云うより斬れないと云われます。平肉のないペタンコな刀がよく斬れます。引いたら紙がスッと斬れるような刀でないと試し斬り用としては難しい刀だと思います。